あの「和田メソッド」がDVDになって、合格のための秘訣を大公開!!

和田秀樹の受験の方程式

和田先生からのメッセージ

和田メソッド無料体験版

和田メソッドエピソード

受験の方程式

熟、家庭教師の皆様へ

メディカルイノベーション

和田秀樹です。信じられないかもしれませんが、高校時代、私は完全に落ちこぼれていました。<空>

もし、“受験の神様 和田秀樹”が直接指導したら

こんにちは、和田秀樹です・・・・
これから、私が体験してきた個人的なエピソードをいくつか紹介し、そのお話を通じて約30年間受験指導を行って来た経験から編み出された“ある受験の方程式”についてお話しようと思います。

受験日まで限りある貴重な毎日をどの様に過ごしていますか?

長年の受験指導の経験から、意外と上記のような受験生諸君が、非常に多いような気がします・・・・

つまり、自分が何処にいて、何処に向かって進んでいけば最短距離でゴールにたどり着けるか?何にも考えずに、毎日、長時間勉強をしている受験生諸君が、いかに多いかという事です。

努力をするべき事柄や方向性が間違っている為に、ブレーキとアクセルを同時に踏んで、目的地に進み出す事すら出来ていないのです・・・

結論から申し上げますと、“合否の結果”は受験勉強を始める前の『戦略と戦術』で結果がほぼ決まります!!


今からでも間に合いますので、この機会に自分の勉強法を客観的に見つめ直してください・・・・

たとえ長時間受験勉強を行っても、受験の『“戦略と戦術”』を上手に活用しなければ、志望校合格突破は困難を極める事になるでしょう!!

皆さんの周りでも、日頃から勉強ばかりしているクラスメートより、いつも部活ばかりで『あいつは何時勉強しているか?』と首をかしげるクラスメートが学年トップだったり、あまり目立たなかったクラスメートが、以外にも最後の追い込みで難関大学に合格?!なんて事を経験されていると思います。

私自身、東大医学部に入学して、どんな天才が集まっているかと、興味津々で最初の授業に出席してみると・・・・

一部の天才を除いては、以外にも何処にでもいる学生と何ら変わらないというのが実感でした・・・・・

ただ、東大医学部に合格した学生諸君だけあって、ここぞ、という時の“集中力”と物事に対する“取り組み方の工夫”はやはり一般学生とは、明らかに違うぞ!!と感じました。

首都圏の学生は有名予備校の授業を受けるなど、受験情報に限っても相当恵まれていますが、地方出身の学生たちは潤沢な受験情報も無く、自らが編み出した“受験術”を活用して、堂々と合格を勝ち取って来たのです・・・・

すなわち、『効果的な受験術』という“スキル”を持っているか?持っていないか?という事が、大学受験突破には非常に重要なファクターなのです。

志望校が母校になる、画期的な“最短時間入試必勝法”!!
実をいうと、世の中にはそんな“受験勉強ノウハウ”が存在します・・・・・・

ここで実例を、お話ししましょう!!

入試まであと残り1年、模試の偏差値は55前後をウロウロしている。そんな平凡な高校生が、東大や京大のような偏差値70を超える超難関大学をめざす・・・・。

進路指導の教師が聞いたら、『身の程を知れ!』と怒り出すかもしれない。だが、本当にそうだろうか。

『英語59・数学53・国語62・化学48・世界史66・地理51・五教科合計56』
これは、ある高校生の、入試一年前の模試の偏差値だ。

翌年の春、彼は周囲の予想を裏切って、東京大学・文科Ⅱ類に見事現役合格を果たした。

彼の名は久保浩章。本人の了承のもと、あえて実名をださせてもらい、その“逆転ドラマ”を紹介してみたい。

久保君は地方の私立高校に通っていた。学校の成績は“中の中”、この程度では、当然、東大などは“雲の上”の存在だ。

『絶対に東大に受かってやる!』。そう決意したのは、高2の1月、私の著書『現役合格バイブル』を読んだ時だったという。以後、私の著書をつぎつぎと読破し、それまで自己流でやっていた勉強のやり方を変えた。

ここから、久保君の本格的な戦いがはじまった!!

最初の頃は、努力がなかなか結果に結びつかず焦っていた時期もあったが、彼は『和田メソッド』と『自分』を信じてひたすらがんばった。

『これならイケる!』

と実感したのは、八月の『東大実践模試』(駿台)でB判定が出た時だった。久保君はその後も人一倍の努力をつづけ、ついに念願を果たす。

合格の知らせを聞いていちばん驚いたのは、本人ではなく学校の教師や両親だったそうだ。
久保君にとって転機となったのは、私の著書との出会いだったという。
私にとって、これ以上の喜びはない。『学校の成績も中途半端、模試の成績もパッとしない。それでも、がんばって自分の夢を実現させたい』。

全国には久保君のような高校生、受験生がたくさんいる。しかし、残念なことに、多くの人は途中であきらめ、夢を追うことをやめてしまう。

『一年前の偏差値が56でも、東大に受かる勉強方があることを知らなければ、そもそも東大をめざそうとは思わなかった』と、久保君は当時をふり返る。

受験勉強に生まれつきの才能やセンスは必要ない。『努力できる人・できない人』『伸びる人・伸びない人』のちがいは、単純に、正しい勉強法、要領のいいやり方を『知っているか・知らないか』の差でしかない。

この、かねてからの私の持論を、久保君は見事に証明してくれた。

もちろん、『和田メソッド』は“魔法”ではない。

勉強せずに成績があがるなどということはありえない。だが、少なくとも、君たちの努力を最大限に活かす勉強法、可能性を最大限に引き出す方法論であるということは、久保君をはじめ、多くの“和田メソッド実践者”が証明している。

東大に合格した久保君は、『緑鐡受験指導ゼミナール』で三年間講師をつとめ、自らの体験を活かし、多くの受験生を合格に導いてくれた・・・・・

この様に、『和田メソッド』は、勉強効率を最大限に引き出す勉強法、可能性を最大限に引き出す方法論なのです。

そうです、たとえ、今までの模試の成績が悪くても、学校の先生に志望校の変更をせまられても・・・・過去の指導実績からすると、偏差値56から東大に現役合格する事も可能なのです!!

私は、そんな生徒を多数指導してきました・・・・

その“受験術専門家 和田秀樹が30年に渡る指導から編み出した、誰にでも即!!実践可能な受験勉強法”を短時間で身に付けたいと思いませんか?

こんな諸君はこの先を絶対に読まないで下さい・・・・・

上記以外の受験生諸君には、これから重要なお話をしますので、是非、真剣に考えながら読んでみて下さい・・・・

なぜ?! 偏差値50台の生徒が、有名難関校と言われる大学に合格できたのか?

受験生の皆さんが日頃から感じている不満・不安とは・・・・

実をいうと、『和田秀樹の受験の方程式』は、私が落ちこぼれから、現役で東大医学部に合格する為に実践してきた、効果実証済みの“画期的な受験勉強法”なのです。

ご存知かもしれませんが、現在、私は、受験の専門家として緑鐡受験ゼミナールを主宰し、精神科医として臨床も行い、定期的に海外の最新医学を学びつつ、大学院で教鞭もとり、毎日、分刻みの生活を送っております。

しかし、事実“この勉強法”にめぐり合うまでは、明らかに『落ちこぼれ』であったのです・・・・

当時、東大合格率NO,1の名門“灘中学”に、トップの成績で入学しましたが、その後、勉強に身が入らず、成績はどんどん落ちていき、最終的にはビリから数えた方が早い順位まで、成績を下げてしまいました・・・

先生が何を話しているのか解らず、毎日、不安な気持ちを抱いておりました・・・

ところが、藁にもすがる思いで、“ある受験勉強法”を身につけ、それ以来、まるで生まれ変わった様に、ドンドン成績を上げる事に成功しました!!

そして・・・何と、わずか、1年で東大医学部を狙えるまでになりました・・・・

信じられないかもしれませんが、私は、構内試験のみならず、全国模試でもトップクラスの成績を上げ、この“ある受験勉強法”を活用し、友人や弟までも、東京大学に合格させる事に成功しました!!

東大に合格後も“ある受験勉強法”を活用し、有名難関大学に成績不良な学生を、多数合格に導き、その実績を基に塾や通信教育事業を設立し、企業家としても成功を収め、現在に至っております・・・・

和田秀樹の著書

延べ50万人の受験生を合格に導き、現在では、「受験の神様」とまで言われるほどになりました・・・・

誰でも“このスキル”を活用すれば、恐ろしく短時間で、合格に“必要な最低点”を勝ち取る事が出来るのです・・・

誰にだって出来る・・・・
その事実を証明させて下さい・・・・
私を信じてください!!

例え、現時点で、とても手の届かない大学であろうとも、“受験の要領”しだいで誰でも、志望校に合格する事が可能なのです・・・・

ここまで述べてきたように、私は今までに受験業界でナンバーワンの座を手にする事が出来ました。

しかし、ここで、あなたに思い出して欲しい“大事な事”があります。

それは、私は特別な存在でも何でもない・・・

それどころか、『落ちこぼれのレッテルを貼られた、高校生だった・・・』という事実です!!

授業にもついていけない、落ちこぼれの人間が、なぜ、東大医学部に合格し、自分のみならず、友人、知人、指導した生徒達を、有名難関大学合格に導く事が出来たのか?

その理由は、3つあります・・・

私がまがりなりにも成功を手にする事が出来たのは、この3つを実践してきたに過ぎません。逆を言えば、この3つの要素を実行すれば、誰だって志望校入試突破をする事は、難しくはないのです。

断っておきますが、これは決して大げさな表現ではありません。

事実、私の指導した生徒の中からは、以下のように続々と有名難関大学に合格している例が続出・・・・しているからです。

和田メソッド実践者50万人が証明!!

実際に、『和田メソッド』を実践し、見事志望校に合格出来た体験者の声を聞いて下さい・・・・・

とは言え、いくら私がそう主張したところで、『どのタイミングで、どんな事を実行してきたか?』こうした具体的な内容については、ご理解いただけないでしょう。

そこで、提案があります・・・・

これらの内容が収録されている『和田秀樹の受験の方程式』を、一刻も早く知りたくありませんか?

ご心配なく!!

ダイジェスト版をご用意致しましたので、今すぐご覧下さい・・・・

受験生諸君が、志望校合格を勝ち取る為に、必要な“戦術、戦略、活用方法”を合計1時間30分に渡って、私の頭の中から全て吐き出しました・・・・

では、DVDの内容を少しだけ紹介しましょう。

この「受験の方程式」キットを利用することで、自宅にいながらにして、「和田メソッド」を会得することができます。

私には、日本全国の東京や首都圏以外の、情報の少ない受験生自身に、概要を公開し、“ある受験勉強法”によって、あなたも志望校への合格切符を手に入れることが出来る事を証明したいのです・・・・

さて、ここで“ある受験勉強法”の集大成である和田メソッドの概要をお伝えしましょう!!

『受験の方程式』の内容を紹介しながら、受験生が良く間違える『8つの間違い』について解説します・・・・

1、 偏差値で自分の学力を判断してしまう・・・・

偏差値とは、相対的な数値であって、ある側面からの目安にはなりますが、自分の志望校模試以外の結果から導き出される偏差値は、全くと言って良いほど意味がありません・・・・

その理由は?・・・・・

各大学によって出題傾向はバラバラで、解答方法も記述式とマークシートでも違いますし、基本的には志望大学の出題傾向を綿密に分析し、分析結果に合わせた受験勉強を行わないと、“無駄な勉強”ばかりしなければならず、大切な時間が浪費される結果になるのです・・・・

合格の鍵はその為、『和田メソッド』では、受験勉強を始める前にまず、『志望校』を決定します!!
軸となる志望校を決定する事により、併願の学校も必然的に決定されてきますので、大幅に無駄な時間をカットする事が出来ます・・・・

『受験の方程式』では、“効果的な志望校分析”の行い方から、“受験計画の立て方”まで、DVDを観る事により、非常に短期間で効果的な“受験戦略”をたてる事が出来る様になっており、絶対に知っておきたい、志望校合格までの明確なルートを手に入れることが出来ます!!

2、先生(学校、予備校)の教えに従って勉強をすれば、大学入試突破間違いなし!!

長年、受験指導をしておりますが、受験生諸君も勘違いをしている事柄の代表選手は・・・・?

学校や予備校の先生は、『受験のプロ』ではない・・・・という事です!!

『受験のプロ』とは、志望校の正確な情報を集め、受験生自身を冷静に分析し、スタートとゴールを明確化し、バランス良く受験勉強に専念できる環境を創り、的確に志望校合格へと導く・・・・そんな、教師の事を言い、学校や予備校の『各教科のプロ』と明確に区別しなければなりません・・・・・

『各教科のプロ』は、自分の学科の習得を第一目標とするために、多くの宿題を出したり、受験に不必要な分野まで学習させようとする必要悪なのです・・・

『受験の方程式』では、私、和田秀樹が『受験のプロ』として経験してきた、様々な“受験スキル”を私が監修している『緑鐡受験指導ゼミナール』の現役東大生講師がDVD映像で直接個別指導致します。

ポイントとなる重要項目を重点的に、受験生諸君にテレビ画面より語りかける様に、解りやすく解説しております。

何度も繰り返しますが、『受験のプロ』と『各教科のプロ』は、似て非なるものなのです。

3、 受験科目を平均的に全て勉強しなければならない・・・・

志望校分析の際に決定された“受験科目”を、『得意科目』、『不得意科目』に関係なく、勉強時間を平均に割り振ってしまう受験生も、数多く指導して来ました・・・・

この様な受験勉強法は、明らかに非効率的です!!

志望校合格の最重点項目は、『合格最低点主義』です・・・・
すなわち、総合点で志望校の『合格最低点』をクリアすれば、見事!!合格を勝ち取ることが出来るのです!!

受験勉強で身に付けなければならない本当の実力とは・・・・
志望校の『合格最低点+5点』なのです・・・・


『受験の方程式』では、いかに『得意科目』を伸ばして『不得意科目』の得点を調整する方法が、細かく解説されています・・・

志望校の合格最低点をクリアする“具体的な方法”を習得する事が出来ます。


受験勉強も、料理と同じで、レシピを手に入れ、レシピ通りに料理をすれば、どんな人でも同じ成果を確実に勝ち取ることが出来るのです・・・・

つまり・・・・レシピ(受験計画)が重要なのです!!
この事は、非常に重要ですので、良く憶えておいてください。

4、 『赤本』は受験直前に購入すれば良い

何の『戦略、戦術』も持たず、受験勉強を行う場合には、良く陥る間違い・・・・

『赤本』は受験が近づいて、ある程度学力がついてから、後半戦にまとめて使用すれば良い・・・という、間違った使用方法を行う受験生が非常に多く見受けられます・・・

『受験の方程式』では、まず始めに・・・・

出来るだけ多くの年数の『赤本』を集めよ・・・・・という指示が出ます。


いきなり過去問を解く事により、解答出来るか?出来ないか?ではなく、『自分と志望校とのギャップ』を客観的に把握する事により、『足りない部分』、『余裕のある部分』を明確にする事が出来ます。

これが、『合格のための最短距離』を示す、地図の役割を果たしてくれます・・・

『緑鐡受験指導ゼミナール』の現役東大生講師の教え通りに受験計画を実行に移し、精度の高い地図を作成して下さい・・・

5、 文系には数学は不要?

受験科目選択の際、『自分は文系だから、数学はいらない・・』と勝手に決めつけてはいませんか?

『受験のプロ』はいかに有利な戦いをするかに照準を絞っている為、合格する為のあらゆる可能性を模索し、実行に移します・・・

実際のところ、文系の場合、数学で受験をした方が“合格しやすい”のです・・・・

『受験の方程式』では,“効果的な受験科目の選び方”や効率的な受験勉強方法について、丁寧に解り易く解説しておりますので、何度も繰り返し観て、慎重に自分に有利な受験科目の選定を行ってください・・・

入試に有利な受験科目の選び方、各教科の特性から分析した、効率的な勉強法を習得出来ます!!

6、 模試は順位チェックの道具だ

模試は厳選された問題が凝縮されているので、活用方法によって大幅な違いが現れるツールです・・・

模試の解答をもらって、結果が返却されてからの活用が重要なのです!!

『受験の方程式』では、何倍にも差が出る『模試の活用法』を解説しています・・・

ここも、非常に重要なので、何度も繰り返しDVDを観て、厳選された良問をフル活用し本番入試での得点力(アウトプット力、解答力)を身に付けるようにして下さい!!

7、 入試直前はあまり無理な勉強はしない?

過去何十年も受験に関わってきた経験から申しますと、入試直前期の時間の使い方によって、合否が分かれる場合が非常に多いと言えます・・・・

せっかく、頑張ってきたのに、最後の詰めが甘くて、志望校合格を逃す事の無いように、是非とも注意していただきたい重要事項です!!

『受験の方程式』では、特に注意しなければならない事、ライバルに差をつける“秘策”が満載されておりますので、注意深く観て下さい・・・・

必ずや、志望校合格の糸口が掴めるはずです・・・・

受験本番!!入試直前勉強カリキュラムでは、受験本番の“気持ちの持ち方”“得点力アップの方法”を身に付けてください・・・

8、 暗記をするには、とにかく何度も何度も繰り返す事が重要だ!!

大学受験では、相当な量を暗記する必要がある・・・・
受験生の多くは、『どうしたら、効率良く覚える事が出来るだろう?』などとは考えず、最初のページから機械的に覚える事を始めてしまう・・・

ここで、合否に明暗がハッキリと分かれる・・・

“暗記のスキル”を理解し、実践する事で他の受験生に比べて大きなアドバンテージを持つことが出来るのだ・・・

受験暗記は根性でやるのではなく、“要領”でやるものなのだ。

『受験の方程式』では要領の良い受験暗記法についても、詳しく解説しています。

具体的には、暗記するユニットを“機械型暗記”から“理解型暗記”変えてしまうという事だ・・・

たとえば、英単語が憶えられなければ、英短文を憶えるのだ。
英短文を憶えることで、自然に単語力は身につく。

単語が憶えきれないのに、短文が憶えられるわけがない、と思う人もいるかもしれないが、けっしてそんなことはない。
単語はすぐに憶えた気分になるが、記憶の定着率は極端に悪い。

その点、英短文は理解しながら憶えるので、確実に記憶が定着する。

これは英語に限ったことではない。
数学、理科なら公式より問題が憶えやすいし、社会なら個別事項より文章自体のほうが頭にのこりやすい。

効率良く覚えていくためには、“暗記の中心となる軸”をまず作って、その軸を中心に周辺事項をくっつけていく方法が有効だ・・・

憶えることが大量にある場合は、こまかなことは後回しにして、まず重要なことだけをしっかり憶えるのだ。

あまりにこまかい個別事項に執着するのは貴重な時間のムダ遣いである。
デイテールにこだわらず、まず大筋をつかむことが受験勉強の暗記を効率的にすすめることになる。

暗記には“暗記に適したノート術”が存在する・・・
それが・・・『和田式ノート術』だ・・・

DVDの中で英語、数学の授業風景を例に出し、詳しく解説しましたので、是非、日頃の授業で実践し、確実に身につけて欲しい。

なぜ『和田メソッド』は『志望校合格』に必要な学力を、飛躍的に高める事が出来るのか?

『和田メソッド』は『塗り絵式勉強法』を採用し、志望校の合格最低点をクリアする、明確な到達目標を予め決め、塗り絵の要領で志望校対策に最適な、参考書、問題集を設定し、受験計画に基いて一つ一つ塗りつぶしていけば良いので、一般的な何の到達目的も決めずに参考書の頭から暗記し、積み上げていく非常に効率の悪い『積み木型勉強法』とは違い、完成に近づけば近づくほど、急速に得点力、解答力がアップし、志望校合格を確実にモノにする事が出来るのです。

過去30年に渡る“受験勉強法”研究から生まれた、脅威の志望校合格法『和田メソッド』を、自らが身につけ、東大に合格した“緑鐡受験ゼミナール講師”が余すところ無く、公開した受験勉強法が『和田秀樹の受験の方程式』なのです・・・・・。

さて、この『和田秀樹の受験の方程式』の価格です・・・・

皆さんは、受験生の年間の教育費用はいくらかかっていると思われますか?

統計によりますと・・・・
年間約70万円位かかっているそうです。

医学部受験ともなりますと・・・
莫大な費用がかかると言われています・・・・

それほど熱心に塾や予備校に通われても、なかなか志望校に合格出来ないのが現状です・・・・

プロの家庭教師の方にお願いすると、
1時間 約1万円です・・・

もしも、効率のいい受験勉強法をしらずに、家庭教師の方に漠然と勉強を教えてもらうとすれば・・・・・
その費用たるは莫大な金額が必要になってきます・・・・

今回の『和田秀樹の受験の方程式』の価格設定は最初の段階ではもっと高額なものでした。

私や『緑鐡受験指導ゼミナール』の講師が直接指導するとなると・・・・物理的に数に限りが出ますし、それ相当の金額になってしまうのが現状です・・・

そこで、日本全国の受験生に手軽に活用してもらえるように、DVDという媒体を使い、『受験の方程式』を皆様にご紹介する方法をとりました・・・

『和田秀樹の受験の方程式』は、オフィシャルサイト限定販売の商品で、店頭では購入する事が出来ません。

さて、販売価格の件ですが・・・
最終的にスタッフと相談した結果・・・日本全国の首都圏以外の受験生にも、最大限活用頂き、目標大学に合格し、自らの人生を切り開いてもらいたいという切なる思いから・・・・・

定価19800円

という価格設定に致しました。

合格のためのノウハウが、DVDと実用的なツールのキット「受験の方程式」となって誕生しました。

受験の方程式

“朗報です”

さらに朗報があります。もしも、今すぐ!! 『和田秀樹の受験の方程式』のご注文頂けましたら、2つの特典を“無料でプレゼント”致します!!

無料プレゼント1

和田メソッドの重要事項の一つとして、“志望校分析”という、非常に重要な“受験戦略”があります。

志望校を知り尽くすために、受験情報を『全国受験情報データーベース』を日々活用して、やらなければならない事を“明確化”し、合格最低点獲得を目指して下さい!!

『受験の方程式』 発売記念特典ボーナス

さらに!!
無料プレゼント2

受験期をトップスピードで駆け抜ける為にも、実は学力以上に重要な事があります・・・・・

メンタルとボディです!!

大学入試は、ある意味“体力勝負”なのです。
過去の経験から申し上げますと、受験期に“体調管理”を行わず、涙を呑んだ受験生を沢山見てきました・・・・

合格に達する、学力を1年かけて身につけたにも関わらず、試験当日に風邪を引いてしまい、受験生活を棒に振ってしまった、数多くの先輩と同じ轍を踏まない為に、貴重な受験脳を作り上げる為の“試験本番に強くなるメンタル&ボディーケアの受験戦術”をもれなくプレゼントさせて頂きます。

和田秀樹の入試必勝応援キャンペーン

ただし・・・・・
急いでください!!

このキャンペーンは、プレゼント在庫が無くなった時点で、終了させて頂きますので、永続的な特典ではありません・・・・・

“ある勉強法”を一度知ってしまうと、今まで苦しかった受験勉強が驚くほど、はかどる事を実感する事でしょう!!

追伸
“さらに追加プレゼント企画があります”

和田秀樹の入試必勝応援キャンペーン

最後にもう一度、考えてみてください・・・・
貴方にとって『和田秀樹の受験の方程式』は本当に必要なモノなのか?

私は多くの受験生を指導していて、『絶対に合格できない人』の共通点を発見しました・・・

『絶対に合格できない人』とは・・・・・
目の前に『合格の鍵』が落ちているにもかかわらず、自ら行動を起こして『合格の鍵』を拾わず、評論ばかり繰り返し、何もしない人達です・・・・

貴方は『絶対に合格出来ない人』ではないはずです・・・

その証拠に、ここまで私の話に付き合って頂けたのですから・・・
これからは、全世界的に益々、実力主義になってきます・・・

受験に限らず、人生を通じて、評論家にならず・・・・自ら行動できる人になってください・・・
そんな、貴方には必ずや、勝利の女神が微笑む事でしょう!!

ここで、少なくても一つ、確かな事があります。

目の前に『合格の扉』があります・・・・
扉を開けるのはあなた自身で、開け方はすでに知っています!!
勇気を出して、一歩踏み出してみてください・・・
志望校の『合格通知』をつかみ取るために・・・


何度も繰り返しますが、根性や精神論だけではなく『受験は要領』なのです・・・

積極的に『和田秀樹の受験の方程式』を活用し、『受験の要領』を習得して、来春、輝く志望大学のキャンパスで、ぜひとも青春を謳歌してください・・

[特定商取引法に基づく表示]


もし、あなただけで決断できないときは、お父様・お母様のための資料も用意しました。
ダウンロードした上でプリントし、ぜひお父様・お母様にお渡しください。

定価19800円

 

和田秀樹